トップ  > 収納ドクター@長柴美恵の15の教え  > 不要物に貴重な床面積は与えない

不要物に貴重な床面積は与えない

収納ドクターの15の教え

不要物に貴重な床面積は与えない

今のお住まいは、自分(家族)が住むためにたくさんの夢と希望を抱えて選んだはずです。全ての床面積は人が快適に暮らすためのものです。人が暮らすために必要なモノ(ソファ、TV、ベッド、机、テーブルなど)を置くための床面積は必要です。しかし、使わない不要物のための床面積(床置き、置き家具、収納庫など)は与えてはなりません。その床や空間はタダではありません。畳1帖はいくらなのか?ということを忘れずに意識してみて下さい。住まいは人のためのものであり、モノのための家ではないはずです。

 
 

番号をクリックすると詳細がみられます





























 


家庭用セミナー 治療コース 企業・団体様へ 

メニュー

ジャンル

COMFORTABLE(コンフォータブル)

〒 101-0025

東京都千代田区神田佐久間町1丁目8番4号-708

TEL:050-1123-3060

▼防災備蓄収納プランナー協会
一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会


▼収納ドクター公式ホームページ
収納ドクター@長柴美恵


▼YouTube
YouTube_収納ドクター@長柴美恵

▼収納ドクタースマホアイコン
すまっぽん!

▼整理収納アドバイザー2級認定講座
整理収納アドバイザー2級認定講座


▼東北応援!
東北応援!チーム整理収納アドバイザー